顧客情報とその電子化|企業の成長のために販売促進は必要な活動になってきている

企業の成長のために販売促進は必要な活動になってきている

顧客情報とその電子化

名刺

企業が顧客の情報管理を行う際に重要な情報の1つとしてあるのが、名刺である。営業マンなどが顧客訪問を行い、交換した名刺を管理していくことで、営業拡大につなげていける可能性が有る。これらの名刺については、通常は紙として交換する。紙のまま保管した場合には、その整理や情報を探し出す場合に不便となる。そこで有効となるのが、名刺のデータ化である。名刺をデータ化することで、情報を管理しやすくなり、検索など必要な情報を探す際にも簡単に行えるようになる。さらに、データ化することで情報共有しやすくなるということもある。データ化することで、企業内のサイトやファイルサーバー上で管理、共有できるようになるため利便性が大きく向上する。

名刺をデータ化する場合には、スキャナーなどを利用し1枚ずつ取りこむことが可能である。しかし、この場合大きな手間となり、データ化されなくなってしまうこともある。これらの不便さを解消するために、最近では名刺をまとめてデータ化する専用の機器も販売されており、機器を利用することでまとめてデータ化することができる。これらの専用機器では、名刺を氏名や住所などの情報に分けながら取り込んでもらうことができるため、データベースとして利用することができる。データベース化することで、検索や情報整理がしやすくなり活用の幅が広がる。また、名刺の電子データを専用に管理するソフトウェアなども販売されており、これらと合わせて活用が効果的である。